ヒッツーのブログ

フワフワモコモコ癒し系のヒッツーがブログ始めただす!世も末だすよね~

房総半島を一周しただす!

2017年の5月1日の事だす。ヒッツーとコヒッツーは、夕方までお昼寝をしていたんだす。

f:id:hitzuu:20170505002419j:plain

そしたらね、ヒッツーが目を覚ました時、とんでもない事になっていたんだす。なんか飼い主のパートナーが、あたいらのベッドで寝てたんだす!そうだ!今日は飼い主のパートナーが来る日だし!

ちょうどその時、飼い主がお仕事から帰って来たんだす。思ってたよりも早くパートナーが来てくれた事で嬉しそうにしてたんだすが、なんと!コヒッツーが枕にされている事に気付いたんだす。「ちょっと!コヒッツーを枕にしちゃだめだってば!この子は大事な子なんだから・・・」って言って、コヒッツーを取り上げてただす。飼い主ったら・・・そんな怒り方じゃなくて、もっとビシッと言ってやらなきゃだめだすよ。コヒッツーも怒っていいんだすよ。えっ?パパの事が好きだからいいんだすか?

5月3日の早朝、飼い主はヒッツーたちに「お留守番しててね」って言って、パートナーと一緒に出掛けていったんだす。それで、夜遅く帰って来たんだす。なんかね、日帰りで「房総半島を一周」してきたみたいなんだす!こんな面白い話はブログに書かなきゃもったいないだすよね。でも飼い主ったら、「後でやるから」って言ってぜんぜんブログ書こうとしないんだす。だから、新鮮なネタが干からびないうちにヒッツーが代わりにブログを書いてあげただす!


房総半島を一周しただす

5月3日の朝の4時に、飼い主とパートナーはおうちを出発しただす。まずはね、「東名高速道路」を走って、静岡から関東を目指したんだす。ここは静岡県の「由比」っていう所で、トンネルを抜けたら富士山が見えたんだす!

f:id:hitzuu:20170505001959j:plain

「首都高湾岸線」を走って「横浜ベイブリッジ」を渡っただす!

f:id:hitzuu:20170505010632j:plain

この、「グルグル・ぐーるぐるー」ってなっている場所は、「大黒ふ頭」だす!朝早く来たから、奇跡的にすいてたんだす。ここは、「気取った車」がいっぱい集まる所らしいだす。

f:id:hitzuu:20170505004741j:plain

これ、どこかで見た事あるな、て思ったら、飼い主がパートナーと出会って間もない頃に、一緒に「海芝浦駅」に行った時に、対岸に見えたやつだす。JFEっていう会社の持ち物だったんだすね!中に何が入ってるんだすかね。牧草だすかね。

f:id:hitzuu:20170505005200j:plain

東京湾アクアライン」を通って「海ほたる」に来ただす!この道の先に、「ボーソー半島が」待っているんだすね!

f:id:hitzuu:20170505011638j:plain

アクアライン」の「海に沈んでる側」の景色だす!東京湾、こうして見ると広いだすね~

f:id:hitzuu:20170505012000j:plain

そして舞台は千葉県だす。さっき、あまりにも都会的なものを見過ぎたせいで、千葉県の「自然のいっぱいさ」に驚いただす!

f:id:hitzuu:20170505014140j:plain

パートナーはさっそく「JR久留里線」の「横田駅」っていう所で入場券を記念に買っていただす。今回も、20カ所くらいの「行った事が無い駅」に行くだす!

f:id:hitzuu:20170505013011j:plain

久留里駅」に来ただす!シャビーな感じの駅舎だすねえ。このあと二人は房総半島の海岸沿いを暴走して一気にいろんな駅に行っただす!

f:id:hitzuu:20170505014441j:plain

ざっとこんな感じだす!撮影し忘れちゃった駅もあるから、実際はもっと多いだす。二人は午後になるとさすがに疲れたみたいで、パートナーはオヤジギャグを連発、飼い主は「びわ県の千葉は今が旬なんだって~」とか言ってただす。

f:id:hitzuu:20170506023233j:plain

そして、今回行った駅の中で「ベスト・オブ・シャビー」に輝いたのが、この「那古船形駅」だす!そろそろペンキ塗り直さなきゃだすよね。

f:id:hitzuu:20170506023808j:plain

ちなみに!房総半島の最南端「野島崎」に立つ「野島崎灯台」の中にも入って来ただすよ。らせん状に続く階段を延々と上ったら目が回って、しかもその直後、狭くて急な「はしご」のような階段を登らなきゃだす。難易度としては「松本城」と同じくらいかもだす!

f:id:hitzuu:20170506025428j:plain

17時20分、二人は、「金谷」のフェリーターミナルから、車と一緒にフェリーに乗っただす!

f:id:hitzuu:20170506031507p:plain

ついに「房総半島」とお別れだす。二人は、東京湾を横切って「三浦半島」へ渡っただす。

f:id:hitzuu:20170506032046j:plain

40分くらいで、三浦半島側の「久里浜港」に到着しただす!このあと二人は「東名高速道路」を走って、「海老名サービスエリア(下り)」で休憩したりして、22時過ぎにおうちに帰って来たんだす。

f:id:hitzuu:20170506110855j:plain

飼い主がホットケーキを作ってあげたら、パートナーがすごく喜んでいただす。次の日も朝から出かける予定だし、すぐに寝ただす。

 


薩た峠

5月4日、朝の8時過ぎに、飼い主とパートナーはJR東海道本線の「由比駅」に到着しただす。なんかこの辺に「さった峠」っていう絶景スポットがあるみたいなんだす。「由比駅」の跨線橋の窓から外の景色を覗いたら、富士山の山頂が見えただす。

f:id:hitzuu:20170504221208j:plain

「薩た峠」に行く道の途中には、こういう風に親切な案内板があって、「あと何キロあるのか」を教えてくれるだす。

f:id:hitzuu:20170504221702j:plain

こういう急な坂道があるんだすが、飼い主は、「薩た峠、チョロいね。」って言ってただす。なんかね、土とか岩がむき出しになった崖道を想像してたんだって~。

f:id:hitzuu:20170504222241j:plain

民家の軒先には、柑橘類の無人販売コーナーがあるだす。3度目の遭遇で、飼い主はついに心を許してしまただす。「清見オレンジ」の袋詰め(100円)を買おうとしていたら、パートナーから「重いから、帰りに買って行けばいい」って言われただす。でも飼い主は、「峠でみかんを食べる」って心で決めてただす。それに、重いといっても何キロもあるわけではないだし、飼い主は「私が持つから!」って言って買ってただす。

道の両脇では柑橘類がいいーっぱい栽培されているだす。風に乗っていい香りがしてきて、心が和むだす。柑橘類の他に、小さい青い実を付けた木があって、その実には一つ一つ丁寧に袋掛けがされていただす。パートナーが「サルスベリか?」って言ったから、飼い主が「サルスベリはこんな実は成らないよ。しかも毒があるんだよ!」って力説してただす。「これはイチジクだよ。イチジクはデリケートだから袋掛けしてるんだね。」って言ってただす。

f:id:hitzuu:20170504224028j:plain

ほんとはね、「由比駅」から出発して、またそこへ引き返すっていう予定だったんだすが、パートナーが「興津駅」まで行こうかって提案してきたんだす。飼い主も「興津駅」側のルートに興味があっただし、賛成しただす。

f:id:hitzuu:20170506124617j:plain

見てみて!「ザ・薩た峠」って感じの景色だす!富士山は、天気が良い日でもぼやけて見える事がよくあるんだすが、こんな解像度の高い富士山が見えるって事はすごくラッキーな事なんだす。パートナーにとってこの景色は、とっても感慨深いものだったみたいで、なんかずっと幸せそうだっただす!

f:id:hitzuu:20170506130649j:plain

こんな風に「びわの木」と一緒に撮影するのもいいだすねぇ。あっ、そうそう、これ「イチジク」じゃなくて「びわの木」だったんだす。

f:id:hitzuu:20170506142604j:plain

興津駅側」に向かう道は、自然がいっぱいのハイキングコースになってただす。本格的なハイキングの格好をした人たちが、息を切らしながら下から上って来ただす。

f:id:hitzuu:20170506132802j:plain

ハイキングコースを出た後は、興津駅まで「普通の道」を3キロ位歩く事になるだす。こういう長い、なっが~い坂道を下っている時に、パートナーが「いかに自分がオレンジが好きか」という事を力説してきただす。峠で食べた「清見オレンジ」がよほどおいしかったんだすね。パートナーは柑橘類の無人販売所がある事を期待してたんだすが、残念ながらもう無かっただす。それで、飼い主が「清見オレンジ」を半分パートナーにあげたら、喜んでただす!

f:id:hitzuu:20170506133041j:plain

その後、飼い主とパートナーは静岡駅でお別れをしただす。お互いにいい思い出を作る事が出来たみたいで、良かっただすね!

(おわり)