読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒッツーのブログ

フワフワモコモコ癒し系のヒッツーがブログ始めただす!世も末だすよね~

北陸遠征の後に

2016年5月5日、私たちは部屋で「焼肉」をした。彼が「空気清浄機」を買ったのは、このためでもあった。

f:id:hitzuu:20160511194153j:plain

私は食事中、ベランダの方から「猫撫で声」のような音が終始聞こえていたような気がしていた。空耳かもしれない、と思いながらも、少々気になっていたので、私は食後にベランダの窓を開けてみた。すると、ネコがいた。

私は、台所にいる「彼」に「ネコがいるよ!」と言ったが、彼はさほど興味を示さない様子であった。ネコは警戒心が強く、私に近づいて来なかったため、私は「チーズせんべい」でも与えて釣ろうかと思っていた。すると「彼」が冷蔵庫から「鮭フレーク」を出して来て、私の手の上にそれを少量落としてくれた。

ネコは警戒心が強く、いつまで経っても私の手の平に乗った鮭フレークを食べようとはしなかった。仕方が無いので、私は鮭フレークを新聞紙の上に乗せて、ベランダの地面の上に置いておいた。

しばらくして私は、カーテンの隙間からそっとベランダの様子を覗くと、ネコはゆっくりと鮭フレークを食べていた。私がその喜びを彼に伝えると、彼は窓辺でうつ伏せに寝そべり、スマホでネコを撮影しようと挑んだ。しかし、周囲が暗いのと、ネコの警戒心が強すぎるせいで、その日はうまくネコを撮影できなかったようである。

f:id:hitzuu:20160511201754j:plain

彼の行いは、「蚊」の侵入を許してしまった。しかし私は、蚊の存在など全く恐れてはいなかった。なぜならいつも、私が刺されない分、彼が身代わりとなって刺されてくれるからである。しかし、ほんの数日前に刺された跡を未だに多数有する彼は、クローゼットの奥から蚊取り線香を出してきた。


5月6日。小雨が降る夕方、彼が夕食時に「ギョーザ」を焼いてくれるのを、私は楽しみに待っていた。彼が台所で準備をしている間、私は部屋でのんびりしながら、「あのネコはどうしているだろう」と思い、何となくベランダの窓を開けてみた。すると・・・

f:id:hitzuu:20160511205451j:plain

あのネコが堂々と雨宿りをしていた。しかも逃げないでじっとしているので、私は写真を撮って、それを彼に見せに行った。すると彼はギョーザを焼く準備などそっちのけで、スマホを構えて窓際を占拠した。

f:id:hitzuu:20160511210358j:plain

これが彼のスマホがとらえたネコの姿である。 こうして見ると、可愛くて美人でどこかミステリアスで、私は「明日、近所のホームセンターへ”カリカリ”を買いに行こう」と決心した。

f:id:hitzuu:20160511212205j:plain

彼はギョーザを焼くのが上手で、いつも「外はパリパリ・中はジューシー」に焼き上げてくれる。私のギョーザだけきれいに揃えて、しかも一個多くしてくれていた。


5月7日。私たちは近所のホームセンターで「カリカリ」を購入した後、すぐ近くにある「森」を散策した。そして疲れた。

f:id:hitzuu:20160511214417j:plain

f:id:hitzuu:20160511214617j:plain

f:id:hitzuu:20160511214830j:plain

昼食は「そば」と「北陸新幹線かまぼこ」!

その日の夜は、いつまで経ってもネコは現れなかった。もうあきらめようかと思った時、網戸を「カリカリッ」と引っ掻く音がした。やっとネコが来た。 

彼はまたしても、例によって窓辺を占拠した。カーテンの奥に首だけを突っ込んで、うつ伏せの体勢で寝そべるという姿はいつ見ても面白かった。

f:id:hitzuu:20160511225227j:plain

彼のスマホがとらえたもの。一見、彼の手から直接カリカリを食べているように見えるが、この瞬間の直後、ネコパンチによって餌を奪取されたそうである。


5月8日、ゴールデンウィーク最終日。私は荷物をまとめて、高速バスに乗ってS岡県へ帰った。「ネコによろしく」と言い残して・・・

(おわり)