読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒッツーのブログ

フワフワモコモコ癒し系のヒッツーがブログ始めただす!世も末だすよね~

北陸遠征・金沢へ、そして・・・

2016年5月3日、私たちは福井駅の近くの某ホテルで朝を迎え、そのホテルでは、ありがたい事に無料朝食バイキングが振る舞われた。

f:id:hitzuu:20160509185929j:plain

福井駅から特急「ダイナスター」に乗って一路「金沢」を目指した。窓の外には広大な田んぼが広がり、丁度田植えをしている光景も見られた。

f:id:hitzuu:20160510010807j:plain

金沢駅に着いたら、そこから金沢市内を周遊するバスに乗って、とりあえず「兼六園」に向かった。さて、写真を撮ろうと自分のガラケーを探すと、無い。兼六園の中でバッグの中身を全て確認したが、やはり私のガラケーは無かった。最後にガラケーを使ったのは、田んぼの写真を撮った時だったので、特急「ダイナスター」の車内に忘れた公算が大きい。

すると彼が冷静に、スマホで「忘れ物センター」に問い合わせをしてくれた。乗った電車の号車や座席番号も彼は知っていたので、問い合わせはスムーズに進んだ。結果として、私のガラケーは車内で見つかり、金沢駅で受け取れる事になった。

JR西日本金沢お忘れ物センター:076ー293ー2234>

というわけで、兼六園の写真は無い。5月という事もあって、新緑の木々の明るい緑が美しく、ツツジの花も咲いていた。池の中には大きな鯉が泳いでいた。そう記憶している。

金沢駅に一旦戻り、「清算窓口」で身分証の提示と引き換えに、私のガラケーは無事に戻って来た。そして、金沢駅から発車する「シャトルバス」乗って向かった先は・・・

f:id:hitzuu:20160509191920j:plain

「石川西部緑地公園陸上競技場」。今日はここで、J2リーグ第11節「ツエーゲン金沢 VS 北海道コンサドーレ札幌」の試合が行われる。金沢と札幌のチームカラーはほぼ同じ「赤・黒」で、双方のサポーターの姿は似通っている。私はまずビールを買うために出店に向かった。列に並ぶ事も無く、すんなり買う事が出来た。

f:id:hitzuu:20160510014915j:plain

 「福井駅」で買った「かにめし」を食べていると、サッカー観戦をする時にだけいつも合流する「彼の友人」が現れた。友人はいつも私にお土産を下さるのだが、今回は富山経由で来たという事もあり、細工かまぼこを下さった。

f:id:hitzuu:20160510020302j:plain

上記の画像の右奥に見えるのが、金沢のサポーター。

f:id:hitzuu:20160510020606j:plain

そしてこちらが札幌のサポーター。今回は試合開始前に「コールリーダー」さんから「ジュリーニョ選手の応援チャントが出来た」という報告があり、「ジュリーニョの歌」の練習が念入りに行われた。

試合開始から17分、なんとジュリーニョ選手が頭でゴールを決めた。この1点は試合終了まで守られる事となり、0-1で札幌の勝利となった。これにより、札幌はJ2において暫定首位となった。試合終了後は、サポーター全員でジュリーニョ選手に対して「ジュリーニョの歌」の声援を送り続けた。

私と彼とその友人の3人は連れだって、金沢駅の中にある喫茶店で一息ついた後、友人がさて帰ろうとした時である。強風のせいで電車の一部が運休になっており、金沢駅は足止めされた人々でごった返していた。友人は帰る方法を失い困り果てていたが、何とかホテルを確保したようである。私と彼は、これから「氷見海岸」に行く予定であったが、これも電車の運休のため、やむなく中止した。

友人と別れた私たちは、宿泊地「富山」へ向かうため、電車に乗り込んだ。その電車は運良く運行していたが、発車がだいぶ遅れた。

f:id:hitzuu:20160510025621j:plain

 18時頃だろうか。私たちが乗った電車にも強風の影響があり、こんな場所で17分くらい停車していた。

その日はいくつかのトラブルに見舞われたものの、札幌の勝利の嬉しさの余り、富山のホテルまでレプリカを着たままやって来てしまった。

f:id:hitzuu:20160510030515j:plain

夕食時に、富山の「ブラックラーメン」を食べに行った。しかし、これが信じられないくらいしょっぱい味だった。本当に信じられない。せめて麺と具だけでも食べてあげようと思ったが、それさえ塩味がしみ込んでいて途中で舌がそれらを受け付けなくなってしまうくらい、ひどい塩加減だった。

f:id:hitzuu:20160510031153j:plain

ホテルに着いたらこういうものを食べて味覚を浄化したいと思う程、あのラーメンはひどい味だった。

f:id:hitzuu:20160510031653j:plain

 私たちがホテルで快適な夜を過ごしていると、彼のもとに例の「友人」からメールが来た。「予約したホテルに行ってみたらラブホだった」と・・・

(つづく)