読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒッツーのブログ

フワフワモコモコ癒し系のヒッツーがブログ始めただす!世も末だすよね~

北陸遠征・とりあえず東尋坊へ

2016年5月2日、S岡県の某駅を出発した私たちは、在来線を乗り継いで福井県を目指した。なぜ福井県なのかというと、「とりあえず東尋坊へ行くため」である。その日は、一日の時間の大半を電車での移動に費やす事になる。

f:id:hitzuu:20160509002928j:plain

待ち時間を潰すために降りた駅(北陸本線近江塩津駅)。のどかな田舎の風景の中で日光を浴びて過ごした。

f:id:hitzuu:20160509003600j:plain

先頭車両に乗り込んで景色を堪能する。確かこの先、地図上では線路が「ループ」する箇所があるのだが、私たちが乗った電車は、ループしない方の線路を走っていたようである。その後、「敦賀」で私たちは一旦休憩し、再び「北陸本線」を延々と北上する。

f:id:hitzuu:20160509002742j:plain

私たちは、途中でいくつかの駅に興味本位で降りてみたりしたのだが、見事に何にも無かった。画像は、「北鯖江駅」のホームから見えた、謎のボロボロの建物。

f:id:hitzuu:20160509005516j:plain

福井駅」に着いたら、「えちぜん鉄道」に乗り換えて50分、終点の「三国港」まで行った。話のネタも尽きて来て、乗車中、私は読書、彼はスマホ閲覧に専念していた。さらに、近隣のバス停から「京福バス」に乗って10分ほど坂を登ると、ようやく「東尋坊」にたどり着いた。

f:id:hitzuu:20160509010733j:plain

東尋坊に着いた頃には17時を過ぎていた。幸運にも快晴で、夕日が沈む所を見るのには絶好のコンディションであった。私たちはとても良い時間を過ごす事ができた。

f:id:hitzuu:20160509012056j:plain

f:id:hitzuu:20160509011150j:plain

f:id:hitzuu:20160509011245j:plain

f:id:hitzuu:20160509015805j:plain

日が沈んだら、またバスに乗って、「三国港」駅を目指した。

f:id:hitzuu:20160509011703j:plain

三国港駅」が、意外とロマンチックな駅だった事を知る。画像の左に見える「電車」が、私たちが乗った電車である。

f:id:hitzuu:20160509012623j:plain

東尋坊のお土産屋さんで私が買った「玉子ガニ」が、彼に好評だった。

f:id:hitzuu:20160509013301j:plain

電車に乗っている50分間、彼が口を開ける度に、私はカニを差し出さなければならなかった。(つづく)