ヒッツーのブログ

フワフワモコモコ癒し系のヒッツーがブログ始めただす!世も末だすよね~

ブログ更新停止のお知らせ

あっ、みんな、長い間ヒッツーのブログに付き合ってくれて、ありがとうございだす。いろいろ考えた末に、「以下のような理由」により、「ヒッツーのブログ」の更新を停止する事にしただす。

①今後ブログのようなものを書く場合は、「ヒッツーのホームページ」の中に掲載する事にするだす。だってそもそもヒッツーには、HTMLを編集するノウハウがあるだし、そんな事をするのは朝ご飯前なんだす。

②「ヒッツーのホームぺージ」は、「無駄を徹底的に省き、且つ、デザイン性に優れたサイトにする。むろん、広告表示なんてあってはならない!」というコンセプトを掲げてきたにも関わらず、実際には、「広告表示がされる外部サイト」である「はてなブログ」にリンクが貼られていて、そういうのは、「まことにイカン」と言わざるを得ないっていう事に気付いただす!

③以前は「飼い主」と「パートナー」に関わる記事があったんだすが、それらは削除させてもらっただす。ここは「ヒッツーのブログ」だし、そういう話を誰かと共有したいのなら、他所でやってくれって話だす。

f:id:hitzuu:20171029144646j:plain

 

「元イス」の再出発だす!

2017年の9月3日の事だす。飼い主の意向によって処分される事になった「元イス」は、座面を取り外されて、背もたれの金属部分はパイプカッターで短く切断されて、あとは「資源ゴミの日」を待つだけになっただす。でもね、イスの脚の部分だけは、「ガスシリンダー」と「キャスター」を取り外す事ができなくて、処分の方法がわからないまま保留にしてただす。でね、この「イスの脚の部分」を見ているうちに、何かに使えそうだなっていう風に思えてきたんだす。それで、ヒッツーひらめいたんだす!「元イスの脚の部分」と「座卓」を合体させて、新たな「何か」を作ろうって魂胆なんだす!

f:id:hitzuu:20170903162536j:plain

このブルーの座卓、低くて使い勝手が悪いせいで、折りたたんで壁に立てかけたまま、ずぅーっと放置していたんだす。その不便さの元凶となっている「金属の脚」を全部取り外してしまうだす!

f:id:hitzuu:20170903163204j:plain

適当なネジを8本使って、「イスの脚」と「座卓の天板」を固定しただす!

f:id:hitzuu:20170903163329j:plain

出来ただす!これなら「高さ」があって使いやすいだし、キャスターが付いてて楽々移動させる事ができるだす!

f:id:hitzuu:20170903163413j:plain

もちろん回転力も健在だす。見てみて!グルグル回ってるだし!「中華屋さんごっこ」が出来るだすね。どうしよう!なんか「チャーハン」とか「小籠包」とか「エビチリ」が食べたくなってきただす!

新しい椅子に乗り換えるだす!

2017年の8月が終わろうとしていたある日の事だす。ヒッツーは何となく「ムインリョーヒン」のサイトを見ていたんだす。そしたら、価格が45%オフになってる「ラウンジソファ」を発見したんだす。さっそく、「セール品が大好きな飼い主」に教えてあげなきゃって思っただす!

そしたら飼い主、見事に心を惹かれてしまたんだす。この「ラウンジソファ」、45%オフになっているとはいえ、決して安いものじゃぁないだす。むしろ、「馬鹿みたいに高かったお値段」がやっと「普通のお値段」になったっていう感じしかしないんだす。

f:id:hitzuu:20170902120907j:plain

飼い主は1日考えた末に、結局「購入ボタン」を押してしまたんだす。そんな衝動買いをして、あとで後悔するかもだすよって言ったら、飼い主、「私は腹をくくった。たとえ買って後悔をしたとしても、座り続けてみせる。」って言ってるだす。「こういう決断には勢いが必要なんだよ。言い換えれば、”勢いが有る”すなわち”YES”っていう事なんだよ。」って、わけわかめな事も言ってただす。

f:id:hitzuu:20170902121018j:plain

ちなみに、これが今使っている椅子だす。飼い主とこの椅子との付き合いは10年にも及んでいるだす。色はシックな黒だし、圧迫感のないデザインだし、シリンダーによって座面の高さは無段階に変えられるだし、天井の電気を取り替える時の脚立代わりにもなってくれた、丈夫な椅子なんだす。楽しい時も苦しい時もずう~っと飼い主と一緒だったこの椅子には、たくさんの思い出と、強い絆で結ばれた証が刻まれているはずなんだす。一体何が気に入らないんだすか?

「座面が少し破けてきたんだ。それに、”黒”はもともと私の好きな色ではなかった。」

そんな簡単に、10年間尻に敷かれ続けてくれた椅子を捨てられるんだすか?

「もちろん、感謝している。しかし、今こうして私の目の前に”新しいラウンジソファに乗り換える”という選択肢が現れて、しかも今なら45%オフで買える。そして私には偶然にも、”勢い”があった。元イスの処分にコストをかけるつもりはない。できる限り分解して、金属部分はパイプカッターで切断して、不燃ごみの日に出そうかと思う。確かに私はこの椅子の未来を狂わせたかもしれない。ひょっとするとあと5年、いや、10年は一緒にいられたかもしれない。或いは、一生一緒にいるという心温まるストーリーもあり得たかもしれない。しかしそれらが達成されるためには、私にも相当な努力が必要になるだろう。私はこの椅子の上で時々、気分転換のために正座したり、体育座りの格好をしたくなるのだが、その度に座面が狭くて窮屈な思いをした。また、背もたれにリクライニング機能が無いという事が、私をいっそう苛立たせた。長く一緒にいると、お互いの嫌な面が見えてくるものである。」

と、いうわけで、「ムインリョーヒン」の新しい「ラウンジソファ」が届いただす。まずはこれが「本体」だす!なんか「低反発マットレス」みたいな質感だすね!

f:id:hitzuu:20170902121512j:plain

玄関の前で梱包を解かなきゃ「おうち」に入らないような、とっても大きい荷物だったんだす。 宅配便の人はこの超大きい荷物をたった一人で運んで来ただす。エレベーターが無い「町内一の格安ヘンテコ物件」の狭い階段を、どうやって登って来たんだしょ!

ちなみに、この「ラウンジソファ」は「カバー」を別途購入しなきゃなんだす。飼い主が選んだ「綿平織りのベージュ」のカバーを付けたら、とってもいい感じになっただす。カバーの色は他にも「ホワイト系」とか「ブラウン系」があったんだすが、飼い主は、「白だと若々しすぎる。逆に、暗い色だとヒッツーにそういう色のホコリが付いてしまうのでダメ。」って言ってただす。カバーを付けるのには、けっこう腕力と指圧が必要で、エアコンが効いた室内でも汗だくになる程、飼い主は苦労しただす。

f:id:hitzuu:20170902124847j:plain

わぁー!なんかとってもすっごくいい感じの寝心地だす!人をダメにしそうでしない、絶妙な硬さがあるんだす!

f:id:hitzuu:20170902130936j:plain

こんな風にベッドを「オットマン」の代わりにすると、一層座り心地がいいんじゃないかっていう予想は見事に的中しただす!

f:id:hitzuu:20170902131413j:plain

こうやって窓から見える青空を眺めつつ、本を読んだり、音楽を聴いたり、お昼寝をしたり、ビールを飲んだり、おやつを食べたりするんだす!最高だすよね!はっ、そういえば、飼い主にはこのあと「元イス」を処分するっていう大仕事が待っているんだすよね。がんばれだす!

えっ?「ムインリョーヒン」じゃなくて「ムジルシリョーヒン」なんだすか?早く言ってほしいだす!

電動自転車の「バッテリーを置く所」が壊れただす!

2017年の7月の事だす。飼い主がいつも乗ってる大事な電動アシスト自転車ヤマハのPASシリーズ)の「バッテリーを置く所」が壊れただす!この自転車、もう8年も乗ってるだし、パンクしたりギアの調子が悪くなったり、スイッチが効かなくなったり、いろいろあっただす。だから、もう何があっても驚かないだす。

f:id:hitzuu:20170709185309j:plain

今度はね、バッテリーを外す時に、「バッテリーを置く所」まで一緒に取れてしまたんだす!

f:id:hitzuu:20170709185349j:plain

f:id:hitzuu:20170709185400j:plain

飼い主は今回、自前の修理をあきらめて、「もうお手上げだ。」って言ってただす。それで、「新しい部品を調達する」っていう方針に決まっただす!

まず「ネットで手に入らないかな」って思って検索しようとしたんだすが、部品の「名前」すらわからなかったんだすよね。そうこうしているうちに、飼い主がヤマハの「パーツカタログ」っていうページを発見したんだす!そこには、ヤマハのバイクとか電動自転車とかに使われているパーツの情報がいぃーっぱい掲載されていて、パーツの「型番」までわかるようになっていたんだす!もちろん、「飼い主の大事な電動自転車」に使われているパーツの情報も載っていただすよ!「純正部品のご注文、及び交換・整備はヤマハ販売店にご依頼ください。」って書いてあっただし、パーツの型番をメモって、「ヤマハ販売店」に行かなきゃって思っただす!

次の日、飼い主は電動自転車で行ける距離の場所にある「ヤマハ販売店」に行っただす!そしたらそのお店は、見た目が完全な「バイク屋さん」で、本当にバイクしか売ってないよって感じのお店だったんだす。飼い主は「本当にここでいいのか?」と思いつつ、店員さんに聞いてみたら、ここはヤマハ販売店で、電動自転車のメンテナンスもやってるよって言われたみたいで、ほっとしたんだって。

飼い主が店員さんに「ヤマハのサイトで型番を調べてメモしてきた」事を伝えると、店員さんはさっそく業務用のパソコンで調べてくれただす。念のためスマホで撮った「壊れたパーツ」の写真も見せただす。そしたら「あった」みたいで、すぐに注文してくれたんだす!8年前のモデルのパーツが今もあって、注文したらすぐに取り寄せてくれるなんて、ヤマハのサポート体制ってすごいだすな~!

f:id:hitzuu:20170709200043j:plain

そして翌日、待望の新しいパーツ「X23-82154-10」が販売店に届いたのを取りに行っただす!注文した翌日に届くっていうのもすごいサポート力だすよね。飼い主は、「やっと、電動自転車の事を相談できるお店を見つけた!」って言ってただす。

f:id:hitzuu:20170709200840j:plain

さっそくパーツ取り付けにかかるだす。まずは、二つの穴の上に、大事にとっておいた金色の「ナット」みたいなものを置くだす。

f:id:hitzuu:20170709200939j:plain

そして、新しい「X23-82154-10」を置くだす!

f:id:hitzuu:20170709201248j:plain

大事にとっておいた「ナット」と「ネジ」を固定して出来上がりだす!これで、従来通りにバッテリーの脱着がスムーズにできるようになっただす!ヤマハ販売店の店員さんの親切かつ迅速な対応に、ヒッツーも飼い主も感謝しているだす!

モニターが冬眠するだす!(後編)

前回、モニターのコンデンサーを取り替えようとしたら、古いはんだが溶けなくてあきらめたヒッツー。実はその後、事態は意外な展開を迎えたんだす。

あきらめなかった飼い主

次の日、ヒッツーは飼い主にこう言われたんだす。「はんだごてを当てる時のポージングを変えてみたらどうかしら。そう、寝ながらはんだごてを当てるような感じで。」そう言えばヒッツー、はんだごてを当てる時に、こての先端だけを当てていたかもだす。そうすると熱が伝わりにくいだすよね。だからヒッツー、もっと熱を加えようと思って、寝ながらこて先を当ててみたんだす。そしたらね、何とかコンデンサー外れたんだすよ!でもね、そこからが大変だったんだす。コンデンサーが抜けた穴の中に、はんだが詰まっていたり、コンデンサーの「足」のかけらが詰まっていたりしたんだす。それがね、どうしても取れなかったんだす。もちろん、はんだを溶かしながら足を突っ込んでみるとかいろいろやっただすよ。でもね、あまりにも穴の不具合箇所が多すぎて、ヒッツーはキレたんだす。飼い主は、「こんなに大変な思いをするくらいなら、2万くらい出してあげるわ。新しいモニターを買いましょう。」って言ってただす。 

飼い主は、13年も使っていたこのモニターには特別な思い入れがあるらしくて、最後にフタを閉じてネジを締め直す時は涙ぐんでて、心から「ありがとう」って言ってただす。ヒッツーももらい泣きしそうだっただす。

f:id:hitzuu:20161203150402j:plain

第三のモニターはすでに存在していた

飼い主は新しいモニターはDELLのがいいなって言って、DELLのサイトを見ていたんだす。「最近のDELLのモニターってDVIコネクタが無くて代わりにHDMIコネクタが付いているのね。」だすだす。HDMIって何だかよくわからないんだすが、最近の家電には当たり前のように付いてるんだすよね。そうそう、飼い主の液晶テレビにも付いてるだし。と、その時、飼い主は雷に打たれたように、新たなアイデアにビビッと来たんだす。「私の液晶テレビ、モニターの代わりになるかもしれない!」

調べた結果、液晶テレビをパソコンのモニター代わりにする事は、物理的に可能だったんだす。でも問題はパソコンの方だす。飼い主のパソコンはDELLの「Dimension 9200C」っていう古いモデルだし、HDMI端子は・・・

f:id:hitzuu:20161203143759j:plain

付いてるだし!飼い主、これは夢じゃないだすか!?「夢じゃないわ。私達、今確かに覚醒しているわ。このPCにはHDMIなんて絶対に付いているわけ無いと思っていたのに・・・何てラッキーなのかしら!」

9年間気付かなかったHDMI

 と、いうわけで、テレビのHDMIとパソコンのHDMIを繋いで、テレビをモニター代わりにする事にしただす。飼い主は古いモニターを近所の家電量販店に引き取ってもらったと同時に、そこで「HDMIケーブル」を買って来ただす!

f:id:hitzuu:20161203150443j:plain

 f:id:hitzuu:20161203153200j:plain

あっという間に繋がっただす!超簡単だし!画像の表示スピードも操作性もサクサクしてるだし、PC用のモニターと変わんないだす!ちょっと「色」と「解像度」が違うんだすが、飼い主は、「何とかなるでしょう。サブモニターとして使用するので、作業に支障は無いわ。」って言ってるだす!

モニターが冬眠するだす!(前編)

ヒッツーのおうちのパソコンはモニターが二つ並べてあって、いわゆる「デュアルモニター」なんだす。でね、サブモニターとして使ってる方のモニターは、13年も使ってるやつで、ここ2、3年、寒くなると「冬眠」をするんだす!どういう事かって言うと、パソコンの電源を入れてもすぐに画面が映らなくて、20分くらいしてやっと映るんだす。この現象は、室温が19℃以下になった時に生じるんだす。ちなみに、もっと室温が下がれば、もぉ~っと時間もかかるんだす。ひどい時には数時間もかかるだす!

ヒッツー、コンポンてきな解決をするために、ネットでいろいろ調べたら、「コンデンサーを取り替える」っていう方法を知ったんだす。それでね、道具もこの通り飼い主に揃えてもらったんだすよ。はっきり言って、この時点ですでに勝ったような気分だっただすね。「はんだ付けなんて超簡単だすよ。ヒッツー、目ェ開けなくてもできるだし!」って思ってただす。

f:id:hitzuu:20161130212532j:plain

でもね、人生そんなに甘くないだすね。ヒッツー全然想像してなかったんだす。古いコンデンサーと基盤とを接合している「はんだ」にいくらはんだごてを当てても、「はんだが溶けない」なんて・・・

いろいろ試したんだすよ。はんだの上から新しくはんだをぶっかけてみたり、はんだを温めながらコンデンサーを引っ張ってみたり、とにかく頑張ったんだす。でもね、これ以上熱を与えるとマザーボードがダメになっちゃうかもだし、こういうイライラとストレスって毛にも良くないだし、ヒッツーあきらめる事にしたんだす。

f:id:hitzuu:20161130225015j:plain

元通りに組み立ててみたんだすが、やっぱしダメだすね。もう30分くらい待ってるんだすが、映らないだし、きっとマザーボードが・・・

f:id:hitzuu:20161130220801j:plain

い、生きてただす!

電動自転車 スイッチ 故障

2016年の11月のある日の夕方の事だった。私はいつものように電動自転車で職場から自分のアパートへ帰って来た。すると、駐輪場がいっぱいだったので、私は仕方無く、自分の自転車を駐輪場の外にはみ出す形で停めた。よくある事だった。自転車の防水性能を信じていた私は、その日の夜、夜通しで雨が降っても気にしなかった。

翌朝の通勤時、異常は起きた。走行中に突然電源が切れたり、アシストが弱くなったりした。最初は「バッテリーの寿命」かと思ったが、そうだとすれば、スイッチではなくバッテリーのボタンが異常点灯するはずだった。私は走行中に自転車の電源が切れる度に、何度も電源ボタンを押した。すると、たまたま電源が入る事もあった。その日の夕方は、何度もヒヤヒヤさせられながら、やっとの思いで家に帰って来た。

ネットで調べた結果、バッテリーではなく、ハンドル部のスイッチの異常である可能性が高いと見た。雨のせいでスイッチの内部に水が浸入し、ショートしたのであろうか。私は応急処置として、「園芸用・蓄圧式噴霧器」のエアーの力で、スイッチ内部の水を吹き飛ばそうと考えた。スイッチの継ぎ目や、電源ボタンの劣化して破れた部分に集中的にエアーをかけた。さらに、スイッチ全体をラップで包んで保護した。

翌朝、自転車は快調だったかに見えたが、スイッチの異常動作は、頻度は激減したものの、度々起こった。スイッチをよく見ると、ランプが点灯する部分の窓の裏に結露のように水滴が付いているのが見えた。さらに、新たな不具合が起こった。電源を切ろうとしても電源ボタンが効かなくなり、その都度バッテリーを外さねばならなかった。

その週末、私は根本的な解決をするために、スイッチの分解をしようと思った。マイナスドライバーでスイッチの側面の継ぎ目をこじ開けようとした。しかし、全く歯が立たないのであきらめた。そこで、劣化して破れている電源ボタンのカバーを思い切ってはがしてみた。 もう6年も乗っている古い自転車なので、どうなったって良いと思えてしまった。

f:id:hitzuu:20161126163721j:plain

電源部分にはまっている白いボタンのような物は、くぼみにはまっているだけで、簡単に取り出せた。

f:id:hitzuu:20161126164019j:plain

私は電源部分に開いた穴に、「園芸用・蓄圧式噴霧器」のエアーを気が済むまで吹きかけた。さらに、その日は天気が良かったので、この状態で3時間くらい放置した。

f:id:hitzuu:20161126164656j:plain

最後に、新たな「オリジナル電源シール」を貼り付け、「多重構造ラップ」で保護し、側面を「似たような色のテープ」でガッチリ固定した。この「オリジナル電源シール」は、CNCシステムや産業用ロボットの「非常停止ボタン」に使われているものと同じ素材で出来ており、高い耐久性と信頼性と粘着性を有している。

f:id:hitzuu:20161126182840j:plain

果たしてこれで良かったのか・・・と思いつつ自転車を運転してみたら、走行中のトラブルは見事に治まっていた。もちろん常時「強」モードで走る事ができる。(私は「強」モードしか使わないのだ。)電源を切る時もボタン操作が効くようになった。意外にも「オリジナル電源シール」の押し心地が良かった。しっくり来るというか、嬉しくて何度も押してしまった。「多重構造ラップ」だけはいつかきれいに張り直したいと思っている。